女性の薄毛対策

女性に多い薄毛の原因

若い女性の間で、最近薄毛を気にする方が増えていて問題になっています。若い女性の間で発症しやすい薄毛として、足牽引性脱毛症というものがあります。この牽引性脱毛症というのは、長時間、髪を縛るなどして毛髪が強く引っ張られた状態が原因で発症するものです。 近頃の若い女性は、ゴムで髪をしばったり、エクステやカチューシャをつけるなど髪を引っ張る髪型をしています。そもそも、髪の毛は生える方向が決まっています。しかし、それに逆らうようにセットすると、少なからず毛根や頭皮にストレスがかかってしまうのです。その結果、ストレスを与えられた髪の毛が細くなったり、切れやすくなります。それで、髪の毛が薄くなってしまうのです。

効果的だとされている薄毛対策

足牽引性脱毛症に効果的な薄毛対策は、毎日同じヘアスタイルをしないことです。いつも同じ髪型をすることで、毎日同じ頭皮の箇所に負担を与えてしまうことになるからです。そのため、髪の毛の分け目を変えたり、ゴムで縛る場所を変えるなどの薄毛対策が重要です。 その他の薄毛対策としては、紫外線対策です。紫外線が頭皮に当たると、気づかぬうちに頭皮に負担を与えてしまうことになります。髪の成長を阻害することになるので、帽子をかぶるなどの紫外線対策が必要です。 その他にも、頭皮の血流を良くするために優しくマッサージすることも薄毛対策として有効です。血行を良くすることで髪の毛に十分に栄養成分が行き渡り、健康な髪の毛が育てられます。