育毛剤の分類について

医薬品と医薬部外品の違い

薄毛対策となると一般的な治療法がい、育毛剤になります。しかし、その種類は豊富であり価格にも1000円しないで購入できるものや1本1万円を超える高価なものまであります。では、なぜここまで価格差があるのかというと育毛剤には大きく2つのタイプに分けられるからです。それは、医薬品と医薬部外品にわけられます。医薬品と医薬部外品の違いですが、発毛させる目的であれば医薬品、育毛させる目的であれば医薬部外品になります。発毛させるということは、それだけ薬の濃度も濃く副作用の可能性もあります。現状維持なら医薬部外品が副作用のリスクがなく使用ができます。自分の髪の状態に合わせて、どちらのタイプの育毛剤にするかを選ぶことになります。

医薬部の育毛剤について

発毛させる目的であれば、医薬品の育毛剤を購入することになります。スーパーやコンビニの化粧品コーナーでも育毛剤は販売されていますが、そのように手軽で入手できる場所にあるものは医薬部外品のものが多いです。医薬品タイプとなると、薬の効き目が強いため皮膚に炎症を起こしたり副作用が出るといった症状があるため基本的には、ドラッグストアな薬剤師のいるとことで相談をしてからの購入となります。しかし、育毛剤の購入となるとどこか恥ずかしいデリケートなことです。そこでここ近年ですがインターネット通販でも医薬品のタイプが購入できるようになっています。手軽に入手できますが、もし使用して何か副作用が出た等の場合はすぐに医師の診断を受けることです。