ホルモンの乱れ

男性特有の薄毛の原因について

男性には、男性にしか分からない悩みがあります。その中の1つが男性特有の薄毛です。男性特有の薄毛には、実は医学的な名前があって、男性型脱毛症と呼ばれています。そして最近では、メディアを中心にAGAという呼び方をされることが多くなってきました。 その男性特有の薄毛の原因については、男性ホルモンであるテストステロンが関係していると言われているのです。 もう少し具体的に言うと、テストステロンが、転換酵素である5αリダクターゼによって、ジヒドロテストステロンに変わり、ジヒドロテストステロンが発毛に関与している毛乳頭へダメージを与えると考えられているのです。 そして、現在では男性型脱毛症の治療薬が開発されて話題を呼んでいるのです。

男性型脱毛症の治療薬について

男性型脱毛症の治療薬については、発毛効果を発揮すると言うよりも、脱毛を食い止める効果があると言えます。 その理由が、男性型脱毛症の治療薬は、5αリダクターゼを阻害して、ジヒドロテストステロンの量を増やさないようにするためです。 ジヒドロテストステロンが増えなければ、毛乳頭へのダメージが減りますから、脱毛が止まる訳です。ですが、発毛を促進するには、別の作用が必要になるのです。例えば、毛乳頭への血行を良くすると効果があると言われているのです。 そして嬉しいことに、現在ではその発毛効果が期待できる医薬品も開発されているのです。ですから、脱毛症を止める医薬品と発毛効果が期待できる医薬品を組み合わせて使うとさらに効果的と言えるのです。