日帰りで受ける

日帰りが可能ですし傷口も目立ちません

自毛植毛は、頭皮の移植手術という方法でおこなわれます。手術ですが、所要時間は数時間程度ですし、全身麻酔ではなく局部麻酔でおこなわれるので、日帰りが可能です。 また移植するドナーは、細い帯状で採取される場合が多いです。長さは10センチほどになりますが、太さは1センチ程度なので、採取した部分の上下の皮膚を容易に縫合することができます。縫合することで、その部分のみ毛髪が生えていないという状態にはならなくなりますし、その上に生えている毛髪により傷口が隠されます。傷がふさがるまでは1〜2週間ほどかかりますが、その後はシャンプーで洗ったりブラッシングをしたりすることが可能になります。 このように自毛植毛の手術は、日常生活に支障を来たすことなく、受けることができるのです。

具体的な費用について

自毛植毛にかかる費用は、ドナーをどのくらい採取し、どのくらい移植するかによって異なってきます。採取して移植するドナーの縦横の幅が1センチの場合で、4〜5万円ほどの費用がかかります。先述したように、一般的にはドナーは縦1センチで横幅10センチほどになるので、かかる費用はだいたい40〜50万円となります。 また、ドナーを帯状ではなく毛髪3本程度の束として採取して移植する方法もあります。この場合は、毛髪1束あたり千円程度の費用がかかります。千束ほど移植する場合が多いので、費用はトータルで100万円ほどかかる計算になります。 さらに、自毛ではなく人工の毛髪を植毛するという方法もあります。この場合は、ドナー採取の手間がかからない分、費用は自毛植毛の半分か3分の2程度になります。